FC2ブログ

書は身を助く

どんな本にも必ず学べることがある。ビジネス書から小説まで、読んだ本のエッセンスを毎日紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勃発!エネルギー資源争奪戦

【本日の一冊】


ダイヤモンド社 著 「勃発!エネルギー資源争奪戦」 P102

日本は京都議定書でEUにしてやられたと指摘する人が多い。というのも、削除割合の基準年となった1990年には、日本は他国に先行し省エネルギー投資も一巡していた。対するEUは旧西ドイツが東ドイツを吸収し、イギリスは石炭から天然ガスへの切り替えを始めた時期だった。この2ヶ国だけでEU全体の帳尻が合わせられるのだという。(中略)
自分たちに不利と見るや簡単にルールを変更してしまう。EUのやり方はじつに抜け目がない。


続きを読む »

スポンサーサイト

これ一冊で日本と世界の大変化がわかる!

【本日の一冊】


竹村 健一 著 「これ一冊で日本と世界の大変化がわかる!」 P4

変化の予兆は、ほんのささいな出来事に現れる。正面からまともに見るだけではなく、その裏側から見なければ、変化の萌芽を確認することはできない。メディアが流すニュースをそのまま受け取っていたのでは、変化の予兆に気づくことはできないだろう。


続きを読む »

中国・ロシア同盟がアメリカを滅ぼす日

北野 幸伯 著 「中国・ロシア同盟がアメリカを滅ぼす日―一極主義 vs 多極主義」 P94

人類の歴史を見ると、常に覇権争いが起こってきました。
そして、覇権国家と候補は常に戦争によってケリをつけています。
(中略)
そういえば中国は1989年から現在にいたるまで、17年間も軍事費を毎年二桁増加させています。
一体なんのために?
(中略)
歴史から見ると、米中が戦う可能性はとても高い。そして、両国はその日に備えて軍備を増強しているのです。


続きを読む »

 | HOME | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

yusuke

yusuke

二日に一冊読破を目標としている30代エンジニア

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。