FC2ブログ

書は身を助く

どんな本にも必ず学べることがある。ビジネス書から小説まで、読んだ本のエッセンスを毎日紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サブプライム後の新資産運用

【本日の一冊】


中原 圭介 著 「サブプライム後の新資産運用」 P268

人生を少しでも豊かにするために始めた「資産運用=お金」が原因で「仕事」に集中できなくなったり、「健康」を害してしまっては、何のための「お金」であるのか分かりません。
だから「健康」や「仕事」に悪影響を与えるような「資産運用」のやり方は絶対にしてはいけません。


続きを読む »

スポンサーサイト

金持ちがますます金持ちになる理由

【本日の一冊】


ロバート・キヨサキ 著 「金持ち父さんの金持ちがますます金持ちになる理由」 P96

私の長年の戦略は変わっていない。本物のお金である金と銀に賭けている。また、偽金を借りて不動産を買い続けている。石油とガスは世界的に高い需要があり、価格の上昇が見込まれるので、石油とガスの生産にも投資している。
だが私が本当に賭けているのはそのような資産ではない。基本的に、ドルと米国経済を運営している指導者たちが負けるほうに賭けている。
私が、金や銀を、いまの景気のもとで価格が下がるたびに買い増している理由が、皆さんにもお分かりいただけたことだろう。懸命な投資家は、本物のお金を買うためなら喜んで偽金を使うに決まっている。


続きを読む »

5年後にお金持ちになる海外投資

前田 和彦 著 「現役プライベート・バンカーの5年後にお金持ちになる海外投資」 P116

これから先、日本の国力は確実に落ちていくわけです。そして通貨の強さは国力を反映しますから、円の価値も日本の国力とともに落ちていく可能性が大きいでしょう。
そのとき通貨分散して、円以外に米ドルやユーロなど、ほかの通貨を持っていれば、円の価値が大暴落しても、米ドルやユーロの価値が同時に下がることはありません。


続きを読む »

投資信託選びでいちばん知りたいこと

朝倉 智也 著 「投資信託選びでいちばん知りたいこと」 P75

投信がもっとも適しているのは、この先の人生を送るうえで中長期的な目標があり、その目標に向かってお金を殖やしていきたい、あるいは、お金を取り崩しつつも長い人生のためにきちんと運用していきたい、と考えている人です。
(中略)
資産運用というと単にお金を殖やすことが目的だと思われがちなのですが、実際は少し違います。資産運用とは、まずお金を殖やす目的や目標を決め、それを達成するために一番適したお金の殖やし方を考え、実践することです。


続きを読む »

知らない人だけが損をする投資信託の罠

週刊ダイヤモンド編集部 著 「知らない人だけが損をする投資信託の罠」 P73

「これから投信を買おうと思う」という個人投資家にとってもっとも大切な投資信託選びの基準は、ズバリ「どれだけお客に目を向けた良心的な投資信託であるか」である。それは、"手数料の安さ"で推し量ることができる。


続きを読む »

億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術

メアリー・バフェットデビッド・クラーク 著 「億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術」 P107

バフェットが「企業のオーナーとしての視点」と呼ぶ投資姿勢について触れておきたい。それは投資した企業の利益を、保有株数に応じて自分自身の利益と見なす考え方である。(中略)
その企業が利益を配当として支払うか、内部留保として再投資するかは、自分の利益をどう使うかという選択の問題にすぎない。企業の内部留保は再投資によって企業価値の上昇をもたらし、企業価値の上昇は長期的には株価の上昇という形で報われるというのが、バフェットの考え方だからだ。


続きを読む »

『会社四季報』練習帳

秋津 学 著 「「会社四季報」練習帳」 P2

『会社四季報』を使い倒すためには、最新号1冊を手元に置くだけではなく、少なくとも過去3号分のバックナンバーと最新号、つまり1年分の『会社四季報』を揃えておくのが望ましいと思います。結局、このデータブックを使い倒して株で儲けるやり方は、業績にしろ、財務にしろ、会社の何らかの「変化」を先取りすることによって達成されます。


続きを読む »

35才、サラリーマン夫婦が5000万円の資産をつくる法

山本 耕平 著 「35才、サラリーマン夫婦が5000万円の資産をつくる法」 P33

資産を築くには夫婦仲がよいことが絶対条件です。お互いに相手を信用できなければ「夫婦の資産を築く」という発想すらできません。


続きを読む »

投資戦略の発想法

木村剛 - Wikipedia 著 「最新版 投資戦略の発想法」 P114

あなたの人生において、何をすることがおカネを増やすことにいちばん役立つだろうか、
冷静になって考えてみてください。

株式売買ですか。
ドル相場ですか。
それともバクチでしょうか。

そんなことはないはずです。
あなたの最も有力な収入源は、「現在の仕事からの収入=給料」であるはずです。


続きを読む »

 | HOME | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

yusuke

yusuke

二日に一冊読破を目標としている30代エンジニア

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。