FC2ブログ

書は身を助く

どんな本にも必ず学べることがある。ビジネス書から小説まで、読んだ本のエッセンスを毎日紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホワイトカラーは給料ドロボーか?

門倉 貴史 著 「ホワイトカラーは給料ドロボーか?」 P74

低いからさっさと上げろ(しかも本当に低いかどうかは客観的に証明されていない)という議論では、とにかくなんでもいいから、ホワイトカラーの労働生産性を上げようというインセンティブが強く働いて、きちんとした検証もなされずに、やみくもにいろいろな改革が実行される危険が出てくる。


続きを読む »

スポンサーサイト

通勤電車で寝てはいけない

久恒 啓一 著 「通勤電車で寝てはいけない!―通勤電車と成功の不思議な法則」 P33

ある意味、通勤電車も書斎といえる。だからつねに書斎を担いで歩いているようなものだ。そこで電車での移動を「自分の人生が運ばれている」と考えてみたらどうだろう。
書斎と同じように、まさにその時間と空間を大切にすることが大事。いまこの瞬間が移動していく、というイメージ。そう考えるとこの瞬間をおろそかにすることはできないはずだ。


続きを読む »

『会社四季報』練習帳

秋津 学 著 「「会社四季報」練習帳」 P2

『会社四季報』を使い倒すためには、最新号1冊を手元に置くだけではなく、少なくとも過去3号分のバックナンバーと最新号、つまり1年分の『会社四季報』を揃えておくのが望ましいと思います。結局、このデータブックを使い倒して株で儲けるやり方は、業績にしろ、財務にしろ、会社の何らかの「変化」を先取りすることによって達成されます。


続きを読む »

失敗は予測できる

中尾 政之 著 「失敗は予測できる」 P92

このように、組織の失敗も、失敗例を集めてみるといくつかのシナリオに集約することができ、技術的な失敗と同じように、次に起こるであろう失敗を予測できる。また、組織ごとに失敗の特徴は異なるため、まずは事例を集めてどういう失敗が多いのか、何が本質的な原因なのか、どうすれば再発防止できるのかを、組織ごとに皆で考えてみると効果的である。


続きを読む »

「人たらし」のブラック心理術

内藤 誼人 著 「「人たらし」のブラック心理術―初対面で100%好感を持たせる方法」 P81

相手をこんな風に変えてやろうとか、相手に何か働きかけてやろう、とするよりも、むしろ「自分が、変わってやろう」という気持ちが、良好な人間関係の秘訣だったわけである。


続きを読む »

世界一やさしい問題解決の授業

渡辺 健介 著 「世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく」 P17

たとえば、まったく同じ才能を持った3人がいるとしましょう。スタート地点では、全員100の力があると仮定します。しかし、「考え抜き、行動する癖」がある人とない人では、進化するスピードが違います。Aさんは毎月1%で進化し、Bさんは5%、Cさんは10%で進化する。
さて、3年後には、どれだけの差が出ていると思いますか?


続きを読む »

うそとホント

ブリジット・ラベ/ミシェル・ピュエシュ 著 「うそとホント」 P8

うそをつくということは、変装したり、仮面をかぶったりすることに似ている。仮面をかぶれば、だれだかわからなくなるから、なんでもできるような気になる。うそだと思えば、そういうつもりじゃなかったんだとあとで言いわけできるから、なんでもできるような気になる。うそだと思えば、ひどいことも平気で言える。自分はうそで守られているから、安心だと思う。


P46

にせものも創作もイマジネーションも、そして小さなうそも、みな大切なものだ。それはわたしたちをほんものの世界から外に出してくれる。自分たちがたったひとつの世界に閉じ込められていると感じないようにしてくれるのだ。つまり、本当とうそは敵同士ではなく、相性のいい味方同士なんだ!


続きを読む »

朝90分。で稼ぐ人の仕事と生活成功ノート

高島 徹治 著 「朝90分。で稼ぐ人の仕事と生活成功ノート」 P2

この本の内容をズバリ一言でいえば、「稼ぐ人」になるための極めて具体的なハウツーブックである。
稼ぐためには、いろいろなアクセス法があるが、時間という面からいえば、朝時間の活用こそがカギを握っている。朝を制した人には、成功の階段を最短最速で駆け登っている人が多い。


続きを読む »

インド人はなぜ言い負かすのがうまいのか

榎本 博明 著 「インド人はなぜ言い負かすのがうまいのか―誰でも交渉に強くなれる本」 P50

それでは、交渉を無事に成立させようとするとき、どんな気持ちで臨んだらいいのでしょうか。
その答えは、相手をやっつけよう、やり込めようとする対抗意識を極力抑えて感情的にならないようにすることです。まず自分の要求を通すことが最重要の課題で、冷静に問題を解決することに集中することです。


続きを読む »

大人のたしなみ「ビジネス理論」

渋井 真帆 著 「大人のたしなみ「ビジネス理論」一夜漬け講座
自らが主宰する私塾の卒業生がまとめたベストセラービジネス書の要約を元に、元専業主婦・現社長の著者が書き上げた「一夜漬け」の為のビジネス理論解説書です。

続きを読む »

 | HOME |  »

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

yusuke

yusuke

二日に一冊読破を目標としている30代エンジニア

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。