書は身を助く

どんな本にも必ず学べることがある。ビジネス書から小説まで、読んだ本のエッセンスを毎日紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

官僚とメディア

魚住 昭 著 「官僚とメディア」 P128

情報には魔力がある。それがディープなものであればあるほど情報の出し手と受け手の一体感が強まり、それに伴って受けてのだし手に対する批判的な目は失われていく。
もっと有り体に言えば、記者は無意識のうちに自らの情報源にひざまずいてしまう。
マスコミが客観報道主義を標榜する限り、それを防ぐ手立てはほとんどない


客観報道主義とは、記者の主観を徹底的に排除し、事件・事故を担当する官庁が発表する内容を元に記事にしていくことです。

つまり誤報があった場合、その原因は発表した側にあるというわけですね。
著者は、客観報道とは無責任報道の別名、と切り捨てています。

これは朝日・読売、どこのメディアでも同じとのこと。
どのメディアも同じような行動を同じ取材対象に対して行うので、最近よく言われるメディアスクラムの原因となってしまっているようです。

偽造耐震事件やライブドア事件、NHK番組改編問題などを例にとり、官僚の暴走とそれを止められないメディアの無抵抗ぶりが次々と暴かれていきます。
私は新聞やテレビを見なくなって久しいのですが、なんだかやるせない気持ちになってきます・・・


官僚とメディア官僚とメディア
(2007/04)
魚住 昭

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wordsfrombooks.blog120.fc2.com/tb.php/10-78b8a08c

 | HOME | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

yusuke

yusuke

二日に一冊読破を目標としている30代エンジニア

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。