FC2ブログ

書は身を助く

どんな本にも必ず学べることがある。ビジネス書から小説まで、読んだ本のエッセンスを毎日紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アラブの格言

曽野 綾子 著 「アラブの格言」 P57

空っぽの袋はまっすぐに立たない。


本日紹介するのは、アラブについて知るきっかけとなるような一冊です。
著者が選んだ9個のテーマごとに、アラブの格言を紹介。ところどころに解説や著者の体験談を加えることで、アラブの人たちの思想・風俗・智恵を垣間見ることができます。

引用した格言の解説を少々。
「空っぽの袋」の「袋」とは、人間のこと。つまり文字通り何も入っていない人間。すなわち無知な人間のことです。
つまり、無知な人間は自立が出来ないのだ、と。

9個のテーマはどんなものかというと・・・

・神
・戦争
・運命
・知恵
・人徳
・友情
・結婚
・家族
・貧富


どのテーマにも、思わずうなってしまうほど深い言葉もあれば、ジョークのように笑える言葉もあり、非常に楽しく読めてしまいます。

いくつか心に残った言葉を・・・


水を節約するようにと言われた途端に、誰もが水を飲み始める。
たくさん持ちすぎていることは足りないのと同じだ。
甘やかした娘にコリアンダーを買いにやらせると、妊娠7ヶ月で帰ってくる。
お前が何かを期待している相手は、お前の何かを当てにしている。


アラブの法律というと、日本人が真っ先に思い出すであろう、「ハンムラビ法典」。「目には目を、歯には歯を」で有名ですね。
現代日本人の感覚からすると、なんとも物騒な法、と解釈されがちですが

P45
「目には目を、歯には歯を」は、決して復讐を薦めたり、拡大させたりするものではなく、むしろ受けた傷と同じ量だけ厳密に返すようにという「同害復讐法」を明記したものであった。つまり目を一つ潰された男が、怒りに任せて相手の両目を潰すことがないように、一つの耳を切り落とされた男が、相手の両耳をそがないように規制したのである。


なんだそうです。知らなかった・・・。詳しくはこちらを。ハンムラビ法典 - Wikipedia

このように、アラブの基礎知識も学べるようになっています。
知っているようで何も知らないアラブの人々の、根底にあるものを知るにはちょうどいい一冊かと思います。

ところで、アラブ、アラブという割にはアラブ人ってアラブ諸国って具体的にどの人たちを指すの?と聞かれてしまうと詰まってしまいますね。
読む前に押さえておきましょう。
アラブ人 - Wikipedia
アラブ諸国 - Wikipedia


アラブの格言アラブの格言
(2003/05)
曽野 綾子

商品詳細を見る

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wordsfrombooks.blog120.fc2.com/tb.php/44-ccd6e4a3

 | HOME | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

yusuke

yusuke

二日に一冊読破を目標としている30代エンジニア

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。