FC2ブログ

書は身を助く

どんな本にも必ず学べることがある。ビジネス書から小説まで、読んだ本のエッセンスを毎日紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもに伝えたい16の価値観

パム・シラー/タメラ・ブライアント 著 「子どもに伝えたい16の価値観」 P56

大人みずからが、態度や行動のすべてで信念を示しましょう。自分がやりはじめたことに精いっぱい取り組んで、目標をしっかりと見据え、失敗しても信念をもって耐えましょう。口だけではなく、身をもって示すことが重要なのです。
(「信念」の章より)


本日紹介するのは、子どもに価値観を分かり易く伝える方法を教えてくれる一冊です。

タイトルからすると、本書のカテゴリとしては「教育」でいいと思うのですが、正直悩んでしまいました。
なぜなら、読み進めるにつれ、本書で取り上げられている様々な価値観について、非常に考えさせられたからです。
(一応、カテゴリは「教育」としておきましたが、「道徳」とか「人生訓」も考えました。)


本書では、一つの価値観を一つの章として、全部で16の章で構成されています。
各章の構成は全て同じで、以下の様な順序で、その価値観を学ぶためのヒントが満載です。


・その章でとりあげる「価値観」の意味を説明
・大人向けに、その「価値観」の存在意義は何か?という問い
・その「価値観」について子供と話し合う
・その「価値観」を伝えるための、活動やアイデアの紹介(家族と一緒に編)
・その「価値観」を伝えるための、活動やアイデアの紹介(友達と一緒に編)
・その「価値観」を伝える上で参考になる絵本の紹介


気になる16の価値観はと言うと・・・

・思いやり
・協力
・勇気
・信念
・公平
・人助け
・誠実
・ユーモア
・自立
・忠誠心
・忍耐
・誇り
・機転
・尊敬
・責任感
・寛容


上でも書きましたが、どの章にも、ハッとさせられる様な文章が出てきました。
個人的に気に入ったのをいくつか。

(P69 「公平」)
子どもが反抗的な態度をとるのは、たいてい何かを不公平だと感じているからです。(中略)
また、弟や妹が生まれたばかりの子は自分が無視され、のけ者にされているように感じることがよくあります。そういう子たちは、自分たちの失望感を態度で表しているのです。
あなたは、いままでに何か不公平な扱いを受けたことがありますか?そのときどんな気持ちになり、どんな態度をとりましたか?


実は来年二人目が生まれる予定です。気をつけないと。

(P116 「自立」)
いつまでも親に頼らせていると、親のほうも手を出すのが癖になってしまいます。子ども自身にやらせることを教えるよりも、親が自分でやったほうが楽なことも多いのです。子どもがしてほしいことを何でもかんでもやってあげると、子どもが責任をもつことを忘れてしまいます。


これは、子供だけの話じゃなく、大人の世界にも当てはまりますね。部下のいる人は思い当たることがあるのでは?

(P150 「誇り」
自尊心は、懸命に努力する姿勢と結びついています。私たちは、何かを実現しようと精いっぱい努力することで、満足感を味わい、自分自身を誇らしく思うようになります。
あなたが最近、懸命に努力したことは何でしょうか?
そのことを通じて、自分自身を誇らしく思うようになりましたか?


個人的に一番ガツンときた箇所です。最近懸命に努力したことなんてあっただろうか・・・?


この本でもう一つ素晴らしい点は、各章の最後に掲載されている絵本のリスト。
その章で取り上げた「価値観」を伝える絵本です。

絵本ってどうやって選んであげればいいのか、ちょっと分からなかったのですが、これは便利。
一つの章で紹介されているのは、大体6、7冊くらいですか。合計すると約100冊もの良質な絵本リストが手に入ります。

本書は、訳書であるので、当然ながらここで紹介されている絵本は、すべて外国の絵本です。
ですが、すべて日本語に翻訳・出版されているようですね。
ああ、日本って素晴らしい。
中には常陸宮妃華子さまの翻訳本もありますね。

あえて一つだけ難点を言えば、ちょっと平仮名が多いせいか、すこーーしだけ読みにくいところ。
それを除けば、非常に素晴らしい本です。


子供がいる親はもちろん、まだ子供がいない夫婦や未婚の人、社会人になりたての人。
原点に立ち戻るという意味であらゆる大人に読んでもらいたい一冊です。


子どもに伝えたい16の価値観子どもに伝えたい16の価値観
(2005/10/18)
パム・シラー、タメラ・ブライアント 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wordsfrombooks.blog120.fc2.com/tb.php/45-03f64f21

 | HOME | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

yusuke

yusuke

二日に一冊読破を目標としている30代エンジニア

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。