FC2ブログ

書は身を助く

どんな本にも必ず学べることがある。ビジネス書から小説まで、読んだ本のエッセンスを毎日紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NLPの基本がわかる本

山崎 啓支 著 「実務入門 NLPの基本がわかる本」 P78

たとえば、「三番めに尊敬している人は誰ですか?」と質問されれば、多くの人は、まず一番めに尊敬している人を思い浮かべ、次に二番め、そして最後に三番めという順に思い出していきます。そして、少なくとも、質問に答えるまでの時間は、尊敬している人は誰なのかということだけに焦点が当たっています。このように、誰かに質問をされると、焦点が質問の内容に向けられるのです。


先週は風邪を引いてしまい、火曜の昼から金曜までずっとダウン・・・。
開設以来、平日は毎日更新を頑張っていましたがあえなく途切れてしまいました。
診てもらった医者の話によると、お腹にくる風邪が流行っているんだとか。

気を取り直して今週から頑張っていきます。


さて本日紹介するのは、「脳の取扱説明書」とも呼ばれる脳の研究「NLP」を実践的に解説した一冊です。

NLPとは、
Neuro
Linguistic
Programming
の頭文字をとったもので、日本語では「神経言語プログラミング」と訳されます。
言葉で五感(神経)をプログラムする、とでも言えばいいでしょうか。
このNLPの理論を学ぶことで、行動の動機づけや心の状態を変えるためのテクニックを身に着けることができます。

日本でも有名な、アンソニー・ロビンズジェームス・スキナーといった、カリスマ・コーチの著作を読むと、彼らの伝えているテクニックはこのNLPの理論に基づいていることがよくわかります。
そう。NLPは、ちまたでいう成功哲学の基礎ともいえる理論なのです。


本書では、NLPの理論の中でも、コミュニケーションに焦点を当てて解説されています。
このコミュニケーションとは、他者とのものだけでなく、自分とのコミュニケーションも含まれます。

他者とのコミュニケーションにNLPの理論を応用すると、リーダーシップ力やコーチング力アップへとつながり、
自分とのコミュニケーションに応用すると、セルフコントロールに役立つことになります。

そして、そのコミュニケーションの改善に重要なポイントとなるのが、言葉。そして言葉を選んだ質問。
「言葉」の選び方一つで、行動の結果が大きく変わることが、本書を読み進めるにつれて分かっていきます。


例えば、自問自答。
人間は、無意識のうちに自問自答を繰り返すといいますが、この自問でネガティブな言葉を使ってしまうと、ネガティブなイメージを脳が作り出してしまい、それがネガティブな心の状態を作り上げてしまう。

例えば、部下の叱り方。
「なんでそんな事をした?」など「なぜ?した?」というやったことの理由を聞くような叱り方をされると、部下は理由に焦点が当たりやすくなり、原因に目が行かない。


なぜ言葉・質問がそれほど重要なのか?
著者は脳の3つの基本プログラムを紹介することで説明しています。

P18
1.空白の原則(脳は空白を作るとそれを埋めようとする)
2.焦点化の原則(意識は同時に2つ以上のことをとらえるのが苦手である。よって焦点化が起こる)
3.快・痛みの原則(脳は快を求めて痛みを避ける)


つまり、
質問によって、受け手に疑問(空白)が作り出され、脳はそれを解決しようとする。
質問によって、受け手が質問の内容に集中し、脳を活性化させる。
よい言葉を使って物事の良い面を見るようにすると、脳はそれを気持ちよく感じる。
という具合です。


著者がはしがきで、「優れた基本書を書きたい」と宣言したとおり、重要事項を繰り返し繰り返し提示してくれるので、分かりやすいだけでなく身につきやすい。

解説のページと図解のページを分けられているので、200ページ超でも一気に読めることができ、非常に満足できた一冊でした。
コミュニケーション力を付けたい方、モチベーションをアップさせたい方、リーダーシップやコーチングに興味がある方は必見かと思います。

プロローグ「人間力を最大化する脳の基本プログラム」
第1章「能力を倍増させる言葉の使い方、質問のノウハウ」
第2章「相手の意識のレベルに応じたコミュニケーションの仕方」
第3章「コミュニケーションでリーダーシップを発揮する絶対条件」
第4章「パワーコミュニケーションの実践」


実務入門 NLPの基本がわかる本実務入門 NLPの基本がわかる本
(2007/08/21)
山崎 啓支

商品詳細を見る

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wordsfrombooks.blog120.fc2.com/tb.php/50-7f52ebae

 | HOME | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

yusuke

yusuke

二日に一冊読破を目標としている30代エンジニア

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。