FC2ブログ

書は身を助く

どんな本にも必ず学べることがある。ビジネス書から小説まで、読んだ本のエッセンスを毎日紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成功するのに目標はいらない!

平本 相武 著 「成功するのに目標はいらない!―人生を劇的に変える「自分軸」の見つけ方」 P22

ところが私たちの多くは、
「どんな人生を送りたい?」・・・「行先」
「どうしてそんな人生を送りたい?」・・・「理由」
という「行先」や「理由」がわからないまま、人生という旅を続けています。

一生懸命、生きていないわけではない。朝から晩まで汗水たらして働いている・・・。でも「行先」や「理由」がわからないままだと、どれだけ頑張っても充実した人生にはなりません。

本日紹介するのは、目標を立ててもなかなかやる気がでない人に贈る一冊です。

著者の作品は本ブログでも以前に取り上げましたね。
参考エントリ
明かりをつけて動き出そう(人生がうまくいく「心のスイッチ」の入れ方)


著者によると、人間は大きく次の2つのタイプに分かれるといいます。

・自分がありたい姿を追うビジョン型
・自分らしさを満たす価値観型



ビジョン型の人は「?に行きたい」と思ったほうがやる気の出る人(行先重視)。
価値観型の人は「?するために」と思ったほうがやる気の出る人(理由重視)。

この二つのタイプは、やる気を出すアプローチが異なっている。


そこで出てくるのがキーワード『自分軸』です。
自分軸とは簡単に言うと、「やる気の素」となる「ありたい姿」と「自分らしさ」です。

ビジョン型の人は、目標を立てて(つまり行先を決めて)実行に移すのが得意である、と著者は言います。
一方、価値観型の人には、「なぜそれを行うのか?」という理由をしっかり確立させることが必要だと説きます。
価値観型の人は、その理由を満たすよう毎日コツコツと実行することで、自然と目標が見えてくるわけですね。

価値観型の人にとっては「成功するのに目標はいらない!」というわけです。


本書では、まず第3章までで、このビジョン型と価値観型の存在と自分軸について著者の丁寧な説明がなされています。
そして、残りの4?6章で、自分軸の見つけ方と、行動計画の立て方が解説されています。


行動計画の作り方は、ITmedia Biz.IDでも連載されていました。
これもかなり参考になります。

自分らしいキャリアを築くために:キャリアに「目標」は必須ではない (1/2)
成功するのに目標はいらない:ビジョン型と価値観型 タイプ別アクションプラン──ビジョン型・前編

以前にも書きましたが、この手の本は実行しないと意味がない。
本書の内容が腑に落ちた、なるほど、よくわかった。で終わってしまっては意味がありません。
本書の内容を必ず実行する、すなわち自分軸を見つけて行動計画を立てる。
そしてその計画を地道に実行する。そうやって初めて、著者の主張が正しいと実感できるかと思います。


ちなみに私は典型的な価値観型というのが判明しました。
目標を立てては挫折して、気を取り直して目標を立てる。で、また挫折。
私の人生を振り返ると、この繰り返しだったような気がします。
なかなか長続きしないんですよね。

ところが、今はキチンとこのブログを更新し続けている。

よく考えたら、私このブログに関して目標を立てていないんですよね。

平日更新する、というのが一応の目標なんですが、そもそも読んだ本のメモを残しておきたい、自分が良いと思った本を、たった一人でもいいから紹介できたら、という漠然とした想いが根底にあることに気づいたんですよね。
これが私の価値観。
私はその価値観を満たすよう頑張り続けているのだ、ということに、本書を読んで気づいてしまいました。

本ブログの更新はできている。ということは他の分野でもできるのではなかろうか?
ということで早速自分軸探しを始めることとします。

何度も目標を立てては挫折した方、なぜ自分はダメなんだろうか?と落ち込む前に本書を読んで、自分が価値観型に当てはまるのではないかチェックしてみた方がいいかもしれません。
そして、自分自身を見つめ直し、考え方を変えてみてはいかがでしょうか。

自分には目標はいらないんだ!と。

第1章『人生を充実させる「自分軸」』
第2章『「自分軸」の2つの傾向 あなたはどっち?』
第3章『「価値観型」はどんな人?「ビジョン型」はどんな人?』
第4章『世界でたった1つの「自分軸」の探し方』
第5章『「自分軸」に沿って生きるには?』
第6章『成功へのカギはもうあなたが握っている』


成功するのに目標はいらない!―人生を劇的に変える「自分軸」の見つけ方成功するのに目標はいらない!―人生を劇的に変える「自分軸」の見つけ方
(2007/07)
平本 相武

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wordsfrombooks.blog120.fc2.com/tb.php/60-bed805a0

 | HOME | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

yusuke

yusuke

二日に一冊読破を目標としている30代エンジニア

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。