FC2ブログ

書は身を助く

どんな本にも必ず学べることがある。ビジネス書から小説まで、読んだ本のエッセンスを毎日紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資信託選びでいちばん知りたいこと

朝倉 智也 著 「投資信託選びでいちばん知りたいこと」 P75

投信がもっとも適しているのは、この先の人生を送るうえで中長期的な目標があり、その目標に向かってお金を殖やしていきたい、あるいは、お金を取り崩しつつも長い人生のためにきちんと運用していきたい、と考えている人です。
(中略)
資産運用というと単にお金を殖やすことが目的だと思われがちなのですが、実際は少し違います。資産運用とは、まずお金を殖やす目的や目標を決め、それを達成するために一番適したお金の殖やし方を考え、実践することです。


本日紹介するのは、投資信託の格付会社である「モーニングスター」の社長が、第三者の立場から投資信託選びのキモを解説した一冊です。

著者は、「長期目標がないなら投資信託に手を出すな」と説きます。
この長期目標とは、例えば
・結婚
・マイホーム購入
・教育資金
・老後
などなど。

まず自分が何のために投資をするのか、目標を明確にすることがとても大事だというわけですね。

本書では、目標達成に必要な年間投資利回りを決定する「資産形成タイプのための7つの質問」が、投資信託選びの下準備として用意されています。

「目標は明確に」という言葉は、成功本などではお馴染みのフレーズですが、資産運用の世界でも当てはまることですね。
この7つの質問を順に答えていくことで、自分の必要な年間利回りが求まります。

年間利回りが求まれば、自分がどの程度リスクをとらなければいけないのかが、きちんと把握できることになりますね。


本書ではこのように、投資信託の説明だけに終始せず、投資家の運用目的や購入後のチェックポイントなどにも言及しているところに非常に好感が持てました。
投資とはなんぞや、を一から説明してくれています。


肝心の投資信託選びのポイントですが、著者によるとチェックするポイントは3つ。

・リターンとリスク
・コスト
・運用会社(ファンドマネジャー)


この3つのポイントをチェックしつつ、モーニングスターのファンド検索ページでファンドを探す方法を、豊富な図や画面を使って解説してくれています。


「この週末、自宅のパソコンでファンド探し」と帯にありますが、今すぐにでもファンド探しをしたくなる、そんな一冊です。
本書で紹介されているファンド検索ページはこちら。
モーニングスター [ ファンド検索 ]


投資信託の購入を考えている方や、複数の投資信託でポートフォリオを組もうと考えている方、投資信託を購入してみたもののフォローの仕方がわからない、そんな方々には、本書を強くお勧めいたします。

関連エントリ

あなたのポートフォリオの中核は仕事だ(投資戦略の発想法)

買ってから後悔しないために(知らない人だけが損をする投資信託の罠)


第1章『投資信託はそんなに甘くない』
第2章『投資信託選びの下準備』
第3章『投資信託はこう選ぶ!』
第4章『購入後のチェックと売却』


投資信託選びでいちばん知りたいこと投資信託選びでいちばん知りたいこと
(2006/03/16)
朝倉 智也

商品詳細を見る

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wordsfrombooks.blog120.fc2.com/tb.php/61-b8379f14

 | HOME | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

yusuke

yusuke

二日に一冊読破を目標としている30代エンジニア

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。