FC2ブログ

書は身を助く

どんな本にも必ず学べることがある。ビジネス書から小説まで、読んだ本のエッセンスを毎日紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境問題はなぜウソがまかり通るのか

武田邦彦 - Wikipedia 著 「環境問題はなぜウソがまかり通るのか (Yosensha Paperbacks (024))」 P22

1本のペットボトルをつくるのには、その倍の量の石油を使う。(中略)
ところが、1本のペットボトルをリサイクルするためには、3.5倍の石油を使う。


ペットボトルリサイクルの実態に始まり、ダイオキシン騒動や地球温暖化、リサイクル事業の利権問題・・と、
「環境問題」という問題にスポットライトを当てたベストセラー書です。

あまり環境問題には熱心ではないので、この本で書かれている数々の実態はまったく知りませんでした。
マスコミでも騒がれてるし、きちんと分別しなきゃねーーとしか考えてませんでした。
職場でも分別が厳しいですね。ラベルがキチンと剥がされていないと、全員に注意メールが来たりします。
でも環境問題を考えたら、当然だよね、と当たり前に思っていました。

「PETボトルリサイクル推進協議会」という所が発表しているリサイクル状況によると、
平成16年度のペットボトル消費量は50万トン以上。回収量は24万トン。
そして、その再利用量は、なんとたったの3万トン!
消費量も回収量も右肩あがりなのですが、再利用量はあまり増えていません・・・

なんとも考えさせられる本です。自分で深く調べもせず思考停止状態になってましたね。


ま、この本を鵜呑みにするのもいけませんが。

環境問題はなぜウソがまかり通るのか (Yosensha Paperbacks (024))環境問題はなぜウソがまかり通るのか (Yosensha Paperbacks (024))
(2007/02)
武田 邦彦

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wordsfrombooks.blog120.fc2.com/tb.php/8-bf3e12d3

 | HOME | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

yusuke

yusuke

二日に一冊読破を目標としている30代エンジニア

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。